カーペット用タイヤ

通っているコース路面がカーペットなので必然とカーペット用タイヤをいろいろ試しました。
そこはコントロールタイヤではなく、タイヤ選択は自由です。
いろいろ試したので、使えるタイヤをいくつか紹介します。

・シミズG32
歴史のある古いタイヤで、現在通っているコースの定番タイヤです。
特徴は安定したグリップで、それが持続すること。
新品一発目は少し注意が必要ですが、馴染むと高いグリップを発揮します。
グリップしつつ、よく転がるタイヤで好タイムが出やすいです。
カーペットコースならどこでも使えると思います。

・カワダカーペットソフト
最近人気のタイヤです。
Gフォースカップの谷田部で定番だったと聞きます。
とにかくハイグリップ。
カーペットタイヤでは最強のグリップだと思います。
その代わり、あまり転がりません。
タイムを出すにはやや強引でアグレッシブな走りが求められます。
あと、タイヤの磨耗が早いです。
グリップはさほど落ちませんが、その前にメッシュが出ます。

・ラッシュ28CPX
ラッシュのカーペット用タイヤです。
グリップはシミズG32より少し強い感じです。
転がりは少し悪く、癖があります。
ライフもそこそこで、個人的には悪くないと思います。

・ラッシュ28CPVX
28CPXの後継タイヤです。
CPXをマイルドにした感じで、扱いやすいです。
ただグリップもライフもG32より劣ると感じたので、使わなくてもいいかなとは思います。

使えそうなのはこれくらい。
個人的にはG32が良過ぎて他は要らないかなとは思います。
ただそれでは面白くないので、他のタイヤもいろいろ試しています。
使えそうなのもあれば、使えないものもあります。
個人的に使えないと思ったのがソレックス。
カーペットだと28辺りが定番みたいですが、個人的には使えません。
新品一発目は強力なグリップですが、それが持つのは3分ぐらいで、あとは右肩下がり。
2パック目以降は酷いです。
カーペットでソレックスは使いたいとは思いません。

ちなみにインナーはスイープLSやラッシュの超軽量タイプです。
普通のインナーは喰い過ぎて使えません。
美味しいポイントが見つかって使えたとしても、超軽量タイプは普通のインナーより1台分で約20グラム軽量です。
この20グラムの影響は大きいです。
シミズG32は古いタイヤですが、カーペットでは最適だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です