ダンシングライダー駆動系トラブル

ダンシングライダーの改造を進めています。
バンク角アップしましたが、リアの安定性が足りません。
簡単に転びます。
そこでリアタイヤをGPツーリング用の30ミリ幅スポンジタイヤに変更。
ついでに海外通販で買った怪しいモーターに変更。
大幅にストレートは速くなりましたが、完全に持て余します。
あとツーリング用タイヤが悪影響を及ぼしました。
重心が上がってしまい、安定性に欠けます。
あと駆動系に大幅な負担が掛かっています。
リアにスプールを入れている影響なのか、簡単に片側のホイールナットが緩みます。
問題は山ほどありますが、店長に試してもらったら好評でした。
ツーリングの練習になるとのこと。
確かにツーリングと同じ走り方です。
コーナーでガツンとブレーキングしてスピードを落とし、一気にコンパクトに曲がる。
そんな走り方が合っています。

ツーリングタイヤが失敗だったので、家に転がっていたミニ用のスポンジタイヤに変更。
外径が小さくなる分、モーターをアトラスのタムギヤ用に変更。
これがいい感じで、トップスピードは扱いやすいレベルで速くなりました。
でもコーナーが不安定。
左右で曲がり方が違います。
原因を探るべくチェックしていたら、片側のリアタイヤがフリーに回ります。
リアデフはアルミのスプールです。
スプールのデフカップが逝ったかなと思いましたが、調べたらドライブシャフトが壊れていました。
金属ピンが無くなっていました。
ピンはスチールです。
あのピンがイーグル製のアルミスプールに負けました。
ちょっと信じられません。
たぶんツーリングスポンジタイヤが無理だったんでしょう。
走行中に何度もナットが外れるなんて相当な負荷が掛かっています。
ドライブシャフトもイーグル製に交換して再チャレンジです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です