TB05取説見ました

どうしても気になるタミヤTB05。
タミヤのHPに取説があったので見てみました。
取説見ると詳細な構造や、どんな意図で造られているのか大体わかります。
それを読んでみた感想ですが、

シャフト車に整備性を求めるのは酷かと思います。
ですがそれを差し引いても、メンテ等に手間がかかる車だと思いました。
前後ギヤボックスは新規設計して欲しかったです。
TB03用を流用は分かりますが、そのために前後デフへのアクセスが困難になっています。
特にフロント。
ギヤボックスアッパーケースの上にステアリングマウントが付く構造。
フロントデフにアクセスするとステアリング系まで影響が出てしまいます。
メンテ大変そうです。
そして気になったのがセンターギヤボックス。
TB05の要のパーツだと思います。
ベアリングの容量をもう少し大きくして欲しかったです。
確かにビス3本で外れますが、ちょっと精度が心配です。
あとKVチェックするには。ギヤボックス外したあとにカバーとピニオン外す必要があります。
ちょっと手間掛かり過ぎです。
でもここのアルミパーツは高額オプションで出そうですね。
TA07と比べると重そうな気がします。
まあTA07は軽すぎるとも言えなくもないので、ちょうどいいのかもしれません。
トータルパッケージとして見てみると、確かに良く曲がりそうな気がします。
特設コースやパーキング等のグリップが低いアスファルトでは有利かもしれません。
でも屋内カーペット等のハイグリップコースではTA07に分がありそうに見えます。
冷静になって見てみると、急いで買わなくてもいいかなという気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です