旧ナックルに変更

YD-2Sで遊んできました。
アッカーマンに不満があったので、ナックルを旧型に戻しました。
ただ、このナックルの入手に苦労しました。
流通しているのは新ナックルばかり。
旧ナックルはほとんど見かけません。
それでも見つけて交換。
組み直すと、旧ナックルのほうがいい感じです。
それで走らせました。
が、ジャダーが酷い。
ジャイロ特有のハンチングです。
普通はゲイン70程度で使うんですが、ゲイン50でもブルブル震えます。
いろいろ対策しましたが、解決しません。
そこでスマホでググりました。
どうやらトレール付けてキャスター増やすと解消するそうです。
そこでそのように対策すると、ジャダーは収まりました。
今のところゲイン75でも大丈夫です。
ただトレールを付けて使うとなると、旧ナックルのメリットは少なそうです。
新ナックルはトレール付ければ不満はほぼ解消します。
個人的にはそのトレールがハンドリングの不満の原因かと思ったので、ちょっと肩透かしです。
でもやはり旧ナックルのほうが安定感が増し、ドリフトがラクに出来るようになりました。
それでも新たな不満も出ました。
ボディのホイールアーチがシャーシと合わない。
フロントタイヤが後退してボディと当たります。
結構お気に入りのボディでしたが、これを機に新しいボディにしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です