XRAYのギヤ

XRAYのDD用ギヤデフが話題のようです。
まだ発売されたばかりでテストはこれからなので、どんな感じになるのか分かりません。
主流になるのか?それとも流行らないのか?
私が通っているコースはトゥエルブが多いので、テストする方も少なくないと思います。
一時期リジッドが流行ったみたいですが、どうも一過性だったようです。
タイムは出ると聞きましたが、同時に操縦が難しいとのこと。
今はやはりボールデフが主流なのでしょうか?
基本DDはやらないのであまり詳しくありません。

ただXRAYのギヤデフが主流になると、ちょっと問題が出てくるかもしれません。
問題はスパーギヤ。
当然ですが専用設計でもちろんXRAY製です。
私のT4は以前はAXONのスパーとピニオンを使っていましたが、最近XRAY純正に換えました。
XRAYのスパーは若干オフセットしているので、スパーギヤの位置が最適化されます。
これで気付いたんですが、XRAY純正は国産ギヤとは形状やサイズが微妙に異なります。
ギヤは規格品で全て64ピッチです。
ですがギヤは樹脂成型品なので、完全パーフェクトな64ピッチと言うのはあり得ません。
微妙な個体差が存在し、それは各メーカーごとに異なります。
国産ギヤだとアクソン、ゼノン、カワダ辺りが主流ですが、各メーカーごとにギヤ形状が微妙に違います。
なのでピニオンとスパーのメーカーは揃えるのが基本です。
これはXRAYにも当てはまり、XRAYのスパーにはXRAYのピニオンが必要です。
ただXRAYのピニオンギヤは入手困難です。
私は海外通販で最低限のピニオンを調達しましたが、もう少し手軽に手に入れたいです。
もしDD用のXRAYギヤデフが主流になるなら、XRAYピニオンギヤの需要が高まるかもしれません。

まあそんな状況になったら、国産ギヤメーカーがXRAYギヤデフ用のスパーギヤをリリースするとは思いますが。
純正は現在4枚刻みですが、国産メーカーなら1枚刻みで出すと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です