レーサーの特性?

T4走らせてきました。
全国有数の灼熱の地。
インドアサーキットですが、先週は43度。
車云々より、暑さで人間がダメになるレベル。
今週は人間の暑さ対策をきっちりしました。
その甲斐あって、汗は激減。
気温も先週より低く、最高で40度。
先週と比べれば快適です。
車は特に先週とは変更なし。
モンテックレーサーの特性を確かめます。
確かに良く曲がります。
気持ちよく曲がるので、走らせていて楽しいです。
ただ速いのかと言われると疑問。
フィーリングの割りにはタイムが出ていません。
それでも先週よりは少しマシ。
フロントから気持ちよく入っていきますが、限界域でナーバスで唐突にリアが流れます。
アベレージが安定しません。
タイムが先週より良かったのでエースタイヤを投入。
このタイヤ、定番タイヤと比べるとグリップが高いんですが、ちょっと硬めです。
そのタイヤに換えた途端にフィール激変。
ナーバスな挙動が消え、安定感が増しました。
アベレージも改善。
ただやはり限界域では少しナーバスです。
エキスパート好みの特性かもしれませんが、私には少し持て余す感じです。
このボディ、硬いタイヤとの相性がいいのかもしれません。
タイプSと比べると安定感は劣りますが、よく曲がります。
そして何より、軽く動きます。
この軽さは武器だと思います。
ちょっと気難しいボディですが、やはりビッグレース等のコントロールタイヤでは有利なのかもしれません。
コントロールタイヤってグリップも大事ですが、信頼性第一で硬めとも聞きます。
硬いタイヤとの相性がここまでいいとは思いませんでした。
このボディが使いこなせればアドバンテージ高そうです。

ですが私が通っているサーキットはグリップレベルが高く、タイヤも柔らかめでハイグリップです。
カーペットでは鉄板のブリッツAC10が最適のような気がしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です