新レイアウト

T4走らせてきました。
コースレイアウト変更初日です。
写真で見た感じはシンプルです。
普通の常設サーキットでは定番とも言えるレイアウト。
長めのバックストレートと外周区間があり、テクニカルなインフィールドとの組み合わせ。
高速コーナーが苦手な私としては好みのレイアウトになりました。
レイアウト変更に合わせて車のセッティング変更。
これまでは超高速コーナーの高負荷でも転倒しない極端なセッティングでした。
それを普通レベルのセッティングに戻しました。
まだ路面も出来ていないので、曲がりと安定感を重視のセッティングです。
これで走らせます。
路面が出来ていないので1パック目は滑ります。
コース全長は伸びたと店長は言っていましたが、ラップタイムは短縮傾向です。
13.5ブーストツーリングはストレートの伸びの恩恵があり、確実にタイムが詰まります。
練習タイヤでコースに慣れることを重視します。
次第に路面が出来てきたので、安定性が増してきました。
そこでエースタイヤの30CPMに交換。
このタイヤの特性とコースレイアウトがピッタリです。
コーナーからの立ち上がりトラクションが優れているので、インフィールドのクリッピングを繋ぐだけでタイムが詰まります。
ハイリスクのコーナーが無いので、安心して攻められます。
以前のレイアウトよりガツンとタイムが詰まりました。
アベレージも詰まりましたが、ベストラップとのタイム差が大きいです。
まだ改善の余地が有ります。
とにかく走らせていて楽しいレイアウトになりました。
長いストレートをかっ飛ばし、テクニカルなインフィールドを丁寧に処理するメリハリのある走りが最高に楽しいです。
車を壊すリスクの高いコーナーが無いので、安心して走れます。
さらに燃費も改善しています。
いいことずくめの新レイアウトでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です