タイプS超前寄せ

T4走らせてきました。
前日レースの影響なのか、朝からピットぎっしりです。
湿度は低かったですが、路面はいい感じでした。
新しいものにトライしました。
プロトフォームのタイプSボディ。
以前から使っていたボディですが、ハイグリップカーペットではダウンフォース強すぎて相性イマイチな感じでした。
ですが先月のレースで速い方に大人気。
普通に使わずに、超前寄せです。
そもそもカーペット路面は基本前寄せしません。
アスファルトで状況によって5ミリくらい前寄せ?
LTC-Rだと10ミリくらいの前寄せもありましたが、カーペットでやり過ぎるとナーバスになり過ぎて転倒する悪循環でした。
そんなタイプSボディを8ミリくらい前寄せしていました。
リアのオーバーハングはほとんどなし。
それで速かったんですよね。
私も真似してみました。
見た感じは、ちょっとやり過ぎに見えます。
重量もブリッツS100と比べると10グラムくらい重いです。
それで走るのか不安でしたが、走らせました。
予想通り、かなりナーバスです。
リアのオーバーハングがほとんどないので簡単に流れます。
フロントのオーバーハングが異様に長いので走らせていて違和感あります。
それでもタイムは悪くないです。
ダウンフォース多過ぎで重い感じもなく、軽く走ります。
オーバースピード気味にコーナー入ってもぐいぐい曲がります。
慣れるといい感じですね。
リアグリップが確保出来るなら、この超前寄せはありです。
細かい部分を詰めれば、タイム詰まりそうな予感がしました。
湿度は低かったですが、ラップベストもアベレージも自己ベストと大差なしでした。
見た目の違和感凄いですが、走りはよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です