コピー失敗

T4走らせてきました。
強引に時間作りました。
昨日のレジェンドの走りを見て、どうしても試したいことがありました。
昨日のレジェンドのセッティング。
一般レベルではまず扱えないセッティングです。
そもそもT4ではBD9と同じようなセッティングには出来ませんが、それに近づけることは出来ます。
常識では考えられない、攻め過ぎたセッティングを試してみましたが、
失敗でした。
私では扱えません。
逆に遅くなりました。
元に戻して、さらに試したいことをいくつかトライ。
レジェンドが使ったドックスボロックスも改めて試しました。
店長に聞いたところ、レジェンドはレース前日にこのボディでセッティングを詰めていたとのこと。
さらにレジェンドがレースで使ったボディを参考にして、リアウィングを小さくしました。
ですがそれでも私には合いません。
低いレベルでタイムが揃ってしまい、5分トータルが速くなりません。
ボディは結局JP8HRがベストになりました。
現在ショップには私のボディを2枚預けてあります。
レジェンドが実際にセッティングを詰めるのに使ったドックスボロックス。
そしてレースで優勝した栄〇さんが使ったプレポアードもあります。
どちらも現在の日本では入手困難なボディです。
T4とBD9には載ります。
あとタミヤ419X系も大丈夫だと思います。
試してみたい方は、店長に言って借りて試してみてください。
多くの方の意見が欲しいです。
全般的に好評のようですが、私のように合わないという方も居るそうです。
最新の人気ボディが無料で試せるので、興味のある方は来店してぜひ試してみてください。
とにかく様々なセッティングを試しました。
そこで得た結論は、私にレジェンドのコピーは扱えないということです。
レジェンドはとにかく曲がる車でタイムが出せる方です。
そんな車の場合、私では曲がりすぎて逆に遅くなります。
レジェンドは時間があればRTCも試したいと言っていました。
RTC、つまりARSです。
私ではARSは扱えません。
ARSを分かりやすく例えるなら、軸が動くコンパスです。
ARSは軸となるリアタイヤを動かすことで、高速旋回を可能にします。
それを扱うには、軸が動くコンパスでもきれいな円を描ける技術が必要です。
私はそんな技術を持ち合わせていません。
基本的に軸が固定でないと、安定して曲がれません。
さらに私の場合、攻めた際にフロントが逃げるアンダーセッティングでないとタイムが出ません。
攻め込んだらフロントタイヤが逃げずに切り込んでしまう車では、逆に遅くなります。
ただ現状では、フロントタイヤが逃げるセッティングで速く走るのは限界が見えています。
フロントタイヤが逃げないセッティングで、それでいて扱えるレベルを探す。
今後はそんなポイントを探す作業になります。
今日いろいろ試して、方向性は見えました。
まずはセッティングで何とかしてみます。
幸いT4はセッティング幅が広い車なので、何とかなりそうな気がします。
良く曲がるけど、曲がり過ぎずに安定して走れる車。
そんな車を目指してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です