新パーツテスト

T4走らせてきました。
最近発売になった新パーツをいろいろ試してみました。
まずはゼロトライブのダンパーステー。
純正と比較すると中央部が細くなっています。
ダンパーステーの剛性を落とすことで操縦しやすくするのが狙いで、ハイグリップ路面でも効果があるとのこと。
ハイグリップ路面で走っているので、気になるアイテムです。
そこで前後装備して走ってみました。
そしたら全然ダメ。
不安定な走りになり、ラップベストも遅くアベレージも揃いません。
そこでリアをノーマルに戻しました。
多少マシになりましたが、やはり不安定な動きになります。
どうやらフロントダンパーステーの剛性を落とすのは、ハイグリップ路面では逆効果のようです。
今度は逆にフロントをノーマルに戻して、リアのみフレックス。
これはいい感じでした。
一発の速さはありませんが、アベレージは揃いました。
全体的にマイルドになり、扱いやすくなりました。
最後に前後共にノーマル。
シャキッと走ります。
ラップベストも5分トータルベストも、前後ノーマルがもっとも良かったです。
私としては、特に必要なパーツではありませんでした。
ただ路面グリップが低めで少しでも曲げたい方には向いているかもしれません。
リアに使うのは効果が高いと思いました。
次に試したのが、アクソンの新ホイール。
ぱっと見は今までのホイールと同じに見えます。
同じ金型を使っているのでは?と思いました。
ただ素材は明らかに違います。
成型色が違うので、見分けしやすいです。
そして手に持ってみると、明らかに硬いです。
ここまで硬いホイールは最近珍しいです。
実際に走らせてみると、確かに動きがシャープです。
ただ、ラップタイムは速くありません。
個人的には硬すぎの印象です。
そしてそれの悪影響で、ワンヒットでホイールが割れました。
耐久性は従来型のほうが優れています。
ここまで硬いホイールのメリットが、個人的には見出せません。
最近は柔らかいホイールが流行のような気がします。
私はずっとアクソンのホイールを使っていますが、ハイグリップ路面でも従来型のほうが好みです。
硬く精度が優れているホイールが欲しい方にはおすすめです。
路面はよかったですが、速さはイマイチ。
最近、以前の速さが無いような気がします。
いろいろ迷走しているので、元に戻すつもりです。
もうひとつ試したアイテムがありますが、それはまた後日改めてレポートします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です