ダンシングライダー駆動系トラブル

ダンシングライダーの改造を進めています。
バンク角アップしましたが、リアの安定性が足りません。
簡単に転びます。
そこでリアタイヤをGPツーリング用の30ミリ幅スポンジタイヤに変更。
ついでに海外通販で買った怪しいモーターに変更。
大幅にストレートは速くなりましたが、完全に持て余します。
あとツーリング用タイヤが悪影響を及ぼしました。
重心が上がってしまい、安定性に欠けます。
あと駆動系に大幅な負担が掛かっています。
リアにスプールを入れている影響なのか、簡単に片側のホイールナットが緩みます。
問題は山ほどありますが、店長に試してもらったら好評でした。
ツーリングの練習になるとのこと。
確かにツーリングと同じ走り方です。
コーナーでガツンとブレーキングしてスピードを落とし、一気にコンパクトに曲がる。
そんな走り方が合っています。

ツーリングタイヤが失敗だったので、家に転がっていたミニ用のスポンジタイヤに変更。
外径が小さくなる分、モーターをアトラスのタムギヤ用に変更。
これがいい感じで、トップスピードは扱いやすいレベルで速くなりました。
でもコーナーが不安定。
左右で曲がり方が違います。
原因を探るべくチェックしていたら、片側のリアタイヤがフリーに回ります。
リアデフはアルミのスプールです。
スプールのデフカップが逝ったかなと思いましたが、調べたらドライブシャフトが壊れていました。
金属ピンが無くなっていました。
ピンはスチールです。
あのピンがイーグル製のアルミスプールに負けました。
ちょっと信じられません。
たぶんツーリングスポンジタイヤが無理だったんでしょう。
走行中に何度もナットが外れるなんて相当な負荷が掛かっています。
ドライブシャフトもイーグル製に交換して再チャレンジです。

カーペット用タイヤ

通っているコース路面がカーペットなので必然とカーペット用タイヤをいろいろ試しました。
そこはコントロールタイヤではなく、タイヤ選択は自由です。
いろいろ試したので、使えるタイヤをいくつか紹介します。

・シミズG32
歴史のある古いタイヤで、現在通っているコースの定番タイヤです。
特徴は安定したグリップで、それが持続すること。
新品一発目は少し注意が必要ですが、馴染むと高いグリップを発揮します。
グリップしつつ、よく転がるタイヤで好タイムが出やすいです。
カーペットコースならどこでも使えると思います。

・カワダカーペットソフト
最近人気のタイヤです。
Gフォースカップの谷田部で定番だったと聞きます。
とにかくハイグリップ。
カーペットタイヤでは最強のグリップだと思います。
その代わり、あまり転がりません。
タイムを出すにはやや強引でアグレッシブな走りが求められます。
あと、タイヤの磨耗が早いです。
グリップはさほど落ちませんが、その前にメッシュが出ます。

・ラッシュ28CPX
ラッシュのカーペット用タイヤです。
グリップはシミズG32より少し強い感じです。
転がりは少し悪く、癖があります。
ライフもそこそこで、個人的には悪くないと思います。

・ラッシュ28CPVX
28CPXの後継タイヤです。
CPXをマイルドにした感じで、扱いやすいです。
ただグリップもライフもG32より劣ると感じたので、使わなくてもいいかなとは思います。

使えそうなのはこれくらい。
個人的にはG32が良過ぎて他は要らないかなとは思います。
ただそれでは面白くないので、他のタイヤもいろいろ試しています。
使えそうなのもあれば、使えないものもあります。
個人的に使えないと思ったのがソレックス。
カーペットだと28辺りが定番みたいですが、個人的には使えません。
新品一発目は強力なグリップですが、それが持つのは3分ぐらいで、あとは右肩下がり。
2パック目以降は酷いです。
カーペットでソレックスは使いたいとは思いません。

ちなみにインナーはスイープLSやラッシュの超軽量タイプです。
普通のインナーは喰い過ぎて使えません。
美味しいポイントが見つかって使えたとしても、超軽量タイプは普通のインナーより1台分で約20グラム軽量です。
この20グラムの影響は大きいです。
シミズG32は古いタイヤですが、カーペットでは最適だと思います。

苦手なSSBB

TRF419XRも走らせてきました。
これはタミチャレTRF仕様。
LF2200に10.5Tでギヤ比6.6。
程よいスピードで楽しいです。
カーペットなのでタイヤはタイプCワンメイクでインナーも指定。
充分なグリップで普通に走ります。
先週のレースは路面が出来ていなかったので決勝で苦労しました。
でも昨日は路面がよくなったので最初から快調です。
でもこうなるとタイムが頭打ちになり、なかなか速くなりません。
軽く走る車が必要になります。
こういった車造りは苦手です。
特にダンパーが苦手。
TRFダンパーとは違い、SSBBは上手く組めません。
トップキャップが上手く締まらず、エア噛むのはしょっちゅう。
きちんと組めても、ダイヤフラムがシリンダー内に落ちてオイル漏れ。
これの対策が知りたいです。
動きはSSBBのほうが好みなので、ネガを潰したいです。

タイヤが辛い

珍しく火曜に休みが取れたので、日曜に続きT4走らせてきました。
平日なので路面は悪いだろうと思っていましたが、朝一から快適。
2日前とは全然違います。
グリップレベルが回復して気持ちよく走れました。
自己ベスト更新しながら走ります。
ですが早々に頭打ち。
同じレベルが続き、そこから速くなりません。
コースレイアウトは優しくなりましたが、タイヤの負担が大きくなっていました。
特に右フロント。
大きく回りこむ左コーナーが多いので、負荷が強烈です。
走り始めはいいのですが、早々にアンダーが強くなります。
使い込んだタイヤでは剛性が足りません。
夕方からニュータイヤ投入したら、その効果でようやく自己ベスト更新。
右フロントの磨耗の早さと引き換えに出したタイムです。
タイヤに優しい、丁寧なドライブを身に付けないとダメですね。
アンダー強くなってもミスなく丁寧に走ればタイムは出ます。
でもそれは10周に1回程度。
もっと精度を上げないとダメです。
車の問題ではなく、完全に人間の問題です。

白ベルト

TA07に発売された白ベルトを組みました。
この車、ベルト交換はちょっと手間が掛かります。
それでも交換自体は20分ほどで完了。
それでは走らせてみました。
駆動が明らかに軽くなってタイプアップ・・・なんてことはありません。
はっきり言って違いが分かりません。
ベルトテンションは一緒ですが、駆動が軽くなったとは思えません。
気分の問題のパーツだと思います。
それでもタイム自体は先週よりコンマ2秒は詰めました。
けどこれはベルトの効果ではなく、シャーシ交換によるものだと思います。
カーボン強化よりノーマルシャーシのほうが具合は良さそうです。
ただ転倒しやすくなりました。
これは仕方ないですね。
かなり速くなりましたが、トップグループのタイムからはまだ少し遅いです。
これを詰めるのが大変なんですよね。
正直、手詰まりです。

新ファーム

T4走らせてきました。
晴天で湿度が低かったので路面はサラサラ。
先週のレースと大差ない路面グリップでした。
ちょっと辛いです。
車はほぼ変更無し。
ひとつだけESCのファームを新しくしました。
ホビーウィングのXR10PROを使っています。
ツーリングの定番ですね。
新ファームの4.3が出たので、それに書き換えました。
走り出しから違います。
明らかにモーター音が静かになりました。
スロットルもブレーキもとてもスムーズで扱いやすいです。
さらに驚いたのは、ブーストとターボの設定が同じでも回転数が上がっています。
僅かではなく、明らかに上がっていると体感出来るレベルです。
設定見直しが必要です。
最高回転を合わせてターボ設定を落としましたが、格段に扱いやすくなりました。
路面グリップは先週とほぼ同じだと思いましたが、タイムは若干更新しました。
路面グリップがもう少し上がれば格段に楽しくなると思います。

ボディの空力

最近ツーリング用ボディの種類が増えています。
以前はLTC-Rとそれに似たボディでしたが、最近は異なる空力コンセプトのボディも結構見かけます。
個人的見解ですが、ツーリングのボディは大きく分けて2種類あると思います。
LTC-Rタイプとモンテックレーサータイプ。
一気に人気が出たモンテックレーサータイプですが、まだ主流はLTC-Rタイプだと思います。
このボディはフロントスプールの車でクイックに曲げるためのボディです。
とにかくフロントダウンフォース重視。
そのダウンフォースの多くがあの大きなフロントスポイラーから生み出されていると思われがちですが、他に重要にポイントがあります。
それがここ。

フロントウィンドウが一段下がっていて、大きな窪みになっています。
そのウィンドウ上端がガーニーフラップのような形状をしています。
実はここで大きなダウンフォースを稼ぎ出しています。
あのクイックなハンドリングはフロントスポイラー+フロントウィンドウによるものです。
ツーリング用ボディの大半は、このようにフロントウィンドウが窪んでいます。
この系統はLTC-Rタイプだと思っています。
そして最近人気のモンテックレーサータイプ。
モンテックレーサー、プロトフォームタイプS、ブリッツアルティス2.3e等がこれに該当すると思います。
タイプSのフロントウィンドウは窪んでいません。
その代わりその周辺の空力処理がえぐい事になっています。

これがタイプSのフロントウィンドウ周辺。
窪みはありませんが、フェンダーとフロントピラーのエッジが凄い事になっています。
この造型を見ると強烈なダウンフォースが出そうなイメージですが、実は窪みの方が強いです。
実際に使ってみると、LTC-Rほどのクイックさはありません。
その代わり全体のダウンフォースが強烈で、素晴らしい安定感があります。
LTC-Rがツーリングボディだとしたら、タイプSはCカーボディのように感じます。
それほどダウンフォースと安定感が強烈です。
人気なのも分かります。
一発ベストは出なくても、アベレージを揃えやすいボディです。

そしてLTC-Rタイプの変化版で、ハイグリップカーペットで使いやすいボディがあります。
ブリッツAC10やモンテックNAZDA2.0が当てはまると思います。
NAZDA2.0ってマツダスピード6のコピーではと思われる方も少なくないでしょうが、実は結構違います。

これがブリッツAC10のフロントウィンドウです。
実は窪んでいません。
全体のダウンフォースが少なく軽く動きます。
これがハイグリップカーペットでいい動きをします。
NAZDA2.0も同様の処理です。
軽く動き、癖が少なく扱いやすいボディです。
その代わり、中高速でのフロントダウンフォースが少ないです。
セットが出てないと高速でアンダーが出て怖いです。

とにかく曲げたいならLTC-Rタイプ。
安定して走りたいならモンテックレーサータイプ。
状況で使い分ければ楽しいと思います。

バンク角アップ

ダンシングライダーのバンク角を増やしてみました。
現状ではこのくらい。

かなり深くなりました。
リアデフの代わりにイーグルのスプールを入れていますが、それでも気持ちよく曲がります。
ですがここまで増やすと問題も出て、

フロントフォークが路面と干渉します。
結果的にフロントタイヤは浮いてしまい、アンダーが出ます。
もう当たらないように削るしかないですね。
この辺りの感覚はRWDドリフトの切れ角アップに似てるかもしれません。
とにかく切れ角を増やし、干渉したら削る。
やることは一緒です。

レディオガガさんの動画を参考にして、メカ搭載方法を真似してみました。
効果はてきめん。
ダンシングライダー特有のチャタリングが消えました。
メカの重量が無くなり、フレームは軽量化されています。
その効果だと思います。
最近ちょっと停滞気味のダンシングライダーでしたが、かなり楽しくなりました。

サンワのジャイロ

YD-2で遊んできました。
今回新しくサンワのジャイロを試しました。
ドリフト用のSGS-03Dです。
性能はよく分かりませんが、将来的にはSSRモードを使いたいので。
イマイチ人気が無いジャイロみたいですが、使ってみて納得。
とにかく初期設定が分かりません。
サンワユーザーでもどうすればいいのかさっぱり分かりません。
とりあえず説明書とにらめっこして搭載。
動作確認してみたら良さそうなのでそれでコースイン。
そしたらジャダーが酷くてまともに走りません。
いろいろ設定変えて試しましたが、何をやってもダメ。
ギブアップしてヨコモに安いジャイロに載せ換えたら普通に走ります。
やっぱりジャイロがダメなのでしょうか?
でも疑問ばかり残ります。
けど1回走らせてダメにするのは惜しいので、サンワのカスタマーに問い合わせ。
そこで原因が判明。
プロポの設定が間違っていました。
ゲイン100%で走っていました。
そりゃプルプルにもなります。
プロポの設定やり直します。

でも個人的な意見としては、初期設定が難しすぎます。
これでは人気出ないと思います。
ただでさえ難解なM12Sの設定ですが、そこにさらに突っ込んだ難しい設定をしなければなりません。
ドリフトのユーザー層にここまで設定が面倒なジャイロは受け入れられないような気がします。
M17で設定が容易になることを願います。

ノーマルに戻す

タミチャレで伸び悩んでいるTA07。
フルオプション状態です。
いい動きをするんですが、若干ピーキー過ぎて扱いきれてないような気がします。
そこでロアデッキとステフナーを変更。
ロアデッキはカーボン混入、ステフナーもカーボンです。
それを全てノーマル樹脂に戻しました。
前後バルクは駆動系の剛性を考えてカーボンのままにしました。
TA07のロアデッキを交換するとなると、ほぼフルバラです。
それでもちゃちゃっと済ませました。
その状態で近所のサーキットでテストしました。
天気は雨で路面グリップは良好。
ノーマル樹脂シャーシは扱いやすいです。
ハイエンドのようなキビキビとした動きは無くなりましたが、これはこれでありかなと。
その次にフロントステフナーをカーボン混入に変更。
動きは良くなりましたが、曲がらない。
タイムも少し落ちました。
ノーマルに戻し、センターステフナーとブリッジパーツも撤去。
ここまでやると剛性落ち過ぎです。
かなりグニャグニャして気持ち悪く扱い辛い。
余り好評ではないカーボンのセンターステフナーを入れた状態がもっとも良かったです。
若干曲がりにくくなりますが、握ればタイム出ます。
曲がりは充分。
ここから少しだけトラクション方向に振れば良くなりそうな気がします。
この変更で、足らなかったコンマ2秒を詰めたいです。